たくさんの愛のもと.

『たくさんの愛のもと.』

rere1.jpg

photo・design 三迫太郎氏
タロウ氏のブログ:http://misaquo.org/tarolog/

光栄にも、これまでも、そうだったけど、

2008年は、人の愛の深さを実感させて頂く機会を
たくさん頂いています。

セイワビル Re time Re smile Projectでも、
本当にたくさんの方の、あったかい心に出逢い、

このお仕事をさせて頂けることを、心から嬉しく思っています。

最近、また、嬉しいことが3つありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとつ。

内装材のメーカーさんに、アドヴァンさんという会社がございまして、

1121-1.jpg

スタッフさんのお一人、丸中さんに、あったかい心を頂きました。

新しいカタログを持って来て下さったので、
今回のプロジェクトのお話をさせて頂いたら、

次の日、沢山の資料とともに、やって来て下さいました。

その資料には、
アドヴァンさんで廃盤になっていて今現在、在庫がある商品が
載っていて、ひとつひとつに現在の在庫量が手書きで書いてました。

しかも、在庫がある場所によっては、
送料が違ってくるからと、

どこの県に幾つある、という事も明確に書いてありました。

『残業なさったでしょう?』という言葉に、

『少しだけ、ですね。』と、答えて下さった、丸中さん。

このプロジェクトのおかげで、素晴らしいメーカーさんに
お逢い出来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふたつめ。

こどもcafeで、イラストレーターの櫻井さんを
わたしに繋いで下さった、webデザイナーの三迫太郎氏。

昨日、久しぶりに、タロウくんのブログを拝見したら、
このプロジェクトの事を書いて下さってました。

深夜、携帯から見て、泣きそうになりました。

こちらが、タロウくんのブログです。

さすがなセンス、写真など、むっちゃいい!
タロウくん、ありがとう!

http://misaquo.org/tarolog/archives/221#comment-51

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みっつめ。

昨日、西日本新聞さんの掲載も決定致しました。

1121-2.jpg

たぶん、博多座に勤めてる彼女が、
このプロジェクトを、
西日本新聞さんのお友達にお話してくれて、

今回、ご担当して下さっている、宮内さんに
お話が伝わってくれて、今回の掲載までに至ってくれたのだと思います。

誰かが誰かにお話をしてくれて、
たくさんの方の愛が重なって、わたしたちへ届いてくれる。

この本当に幸せな出来事を、

オーナー様に、
建築を学ぶ彼等彼女たちに、

届けることが出来ること、心から幸せに思います。

固定リンク | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<FBSさんが、このプロジェクトを追っかけて下さってます! | Re time Re smile Project 取材協力のお話を頂きました! >>