12月13日施工の授業を行いました!

12月13日施工の授業を行いました!

古川信一くんのリフォーム授業の一つのカリキュラム、
生徒さんたちが、とっても楽しみにしてくれてた、

『施工の授業』を、12月13日(土曜日)9:30〜17:00まで行いました。

このプロジェクトが始まって、約2ヶ月。

ここまで来るには、本当に大変だったけど、
この日の学生さんたちの笑顔、やる気、
15人の学生さん一人一人から頂いた、『楽しい!』という言葉、


お昼休みのとき、

『うわ!携帯の事を、全然忘れてた!むっちゃメール入ってるし!』

『わたしもやん!』『オレもやん!集中しとったっちゃろうね〜〜。』

そんな言葉を聞いて、
やはり、このプロジェクトをやって良かった(まだ終わってませんが。笑)

と、思いました。


材料をご協賛頂きました、

関西ペイントさん、庭やさん、INAXさん、
心から感謝致します。

そして、親方となって下さった、

『祥現 川添さん』、『IDC 佐藤さん、関さん』、
『K&T 竹田さん』、『庭や 梶原さんを始め、職人のみなさま』

学生さんを盛り上げて下さいながら的確な指示、
ありがとうございました!

おかげさまで、
学生さんたちにこんな笑顔を頂きました。ありがとうございます!

では、この日の施工経験の内容をご説明させて頂きます♪

まずは、学生さんに、A、B、C、D班の4班に分かれてもらい、
塗装工事、タイル工事、造園工事、フスマ張替え工事の4種類の工事を
ローテーションで、すべて経験して頂きました。

各工事の親方さんと、まずは顔合わせです♪

1214-152.jpg

18歳15人 対 平均年齢39歳の親方4人。

いやぁ〜親方のみなさん、迫力ありました。格好良かった〜。

経験と実績は、人にすごいオーラを持たらさすんだな、
と思いながら見てました。

工事の説明中!

1214-159.jpg

みんなむっちゃ真剣です!

1214-158.jpg

1214-157.jpg

塗装工事班 始動〜。

まずは、地道な作業、養生から。

1214-160.jpg

造園班も始動〜。

寒いのに、ま〜ったく関係ないようです。さすが、若い!

1214-174.jpg

1214-163.jpg

1214-173.jpg

この日は、首脳会議にも関わらず、

このプロジェクトを追っかけて下さってるFBSさんと西日本新聞さんが、
取材に来て下さいました。

FBSさんは一日密着取材!
今回のご担当、美人の吉本さん、いつもありがとうございます!

学生さんたちも、どんどんテンション上がってます。

1214-183.jpg

1214-177.jpg

顔にペンキ付けながら、楽しんでくれてます!
1214-192.jpg

職人さん姿がハマリ過ぎの仙波くん、普通に現場に居そう。
とても学生さんには見えない。(笑)

1214-185.jpg

自分たちで選んでもらったタイルを貼ってます。

1214-202.jpg

1214-199.jpg

1214-200.jpg

こんななりました!(まだ途中ですが^^)

1214-195.jpg

塗装工事も慣れて来た様です。

1214-182.jpg

1214-168.jpg

1214-193.jpg

1214-201.jpg

この日の古川信一先生は、
工事をあっちこっちでやってましたので、

伝達役=現場監督。

大人たちの親方さんは、
しんちゃんの言う事を聞いてもらわないといけません。(笑)

こちらの監督さんも、ハマってます。普通に現場に居そう・・・。

1214-196.jpg


大人たちも楽しんでいます。いや、大人たちの方が楽しんでました。(笑)

IDC 関さん。
1214-156.jpg

和紙のクロスをご協賛下さった、株式会社中村さんの中村さん。
佐賀からわざわざ和紙を運んで下さり、
気づいたら、造園工事をして下さってました!

本当にあたたかいお方です。ありがとうございます!

1214-175.jpg

『やっぱメタボです。気づいたらお腹の部分に塗料がついてましたよ。』
と、ハテハテな顔をしてる、祥現 川添さん。

1214-205.jpg

この日の、盛り上げ番長、庭やの梶原さん。

1214-209.jpg

わたしも、ちょっぴりお手伝いさせて頂きました。

1214-178.jpg

12月13日、学生さんたちと、とても長い時間を過ごさせて頂き、

彼等彼女たちの、生の声を沢山聞く事が出来ました。

『学生さんたちは、経験出来る場』を心から求めています。

この施工経験、一度キリの予定でしたが、

施工授業前に、INAXさんのショールームにての学生さんの真剣な顔、
1時間の滞在の予定が、彼等彼女たちの希望で、
< 3時間に延びたこと。

古川しんちゃんのゼミの先生、諫見教授の、

『もっと学生に経験の場を提供してあげたい。
今回のプロジェクトには、本当に感謝しています。』という言葉。

当初はこの後、予定してたオープンハウスの日にちに向けて、
プロの職人さんたちに、一気に現場を仕上げて頂く事を考えてたけど、

学生さん、先生の心に圧されて、
もっと多くの学生さんに、セイワビルさんを、

『施工経験の場』としてご提供してあげたく、

ビルのオーナーである藤井ご夫妻にご相談をしました。

竣工が延期になるという事は、
入居を見込める時期が延びること。

ご自分も大変な状況であるのに、

『是非そうしてあげて下さい。』と有り難い、お言葉を頂き、
オープンハウスの時期を延期させて頂く事にしました。

また、先日学生さんにプレゼンをして頂き、
いたく感動したわたくしは、現在の住空間の空室のすべてを
学生さんのデザインを採用してあげたくなり、

その旨も、ご相談しました。

この提案にも、快諾をして下さった藤井ご夫妻。

ご自分がどんな状況であれ、
学生さんの心を大切にして下さっている藤井ご夫妻。

これだけの我が侭を聞いて頂いたからには、
学生さんたちと力を合わせて、

早くに目標に達する事が、恩返しです。

この施工の授業をきっかけに、
古川くんリフォーム授業の生徒さんたちの結束が固まりました。

彼等彼女たちのデザインを現実化するためには、
まだ多くの建材が必要です。

特に、便器や水栓金物などの設備機器。
浴室用のタイルもまだまだ足りません。

多くの大人の方々、どうぞ、力を貸して下さい。

今日は、古川くんのリフォーム授業に参加させて頂き、
これからの動きを生徒さんたちの確認をしたり、

大人のわたしが思い付かないアイディアを
どんどん出してもらい、ディスカッションをして来ます。

その様子は、毎日新聞さんが取材をして下さります。

明日はお昼の12:00過ぎから、
古川くんと天神エフエム77.7に生出演して、

今回のプロジェクトの事、建材のご協賛の呼びかけをして参ります。

古川信一くん、と〜〜〜〜っても頑張ってます。

自分の授業に、放課後のリフォーム授業、
アルバイトに、ご協賛の事、1月15日の卒業論文〆切に向けて、
日々朝方まで学校で作業。

それでも、決して弱音を吐きません。

『自分の授業のために、大人たちが協力してくれてる。』 という感謝の気持ちが、この子を動かしてるんだな、と、

この2ヶ月、見ていて分かります。

だからこそ、これだけの大人たちが動くのでしょう。

施工の授業の日、

藤井ご夫妻が、この日集まってくれたみなさんのために、
豚汁をご用意下さってました。

1214-217.jpg

『味は保証出来ませんが、感謝の気持ちを沢山入れました。』と

おっしゃて下さった、奥様。

このプロジェクトに参加出来ている事を、
心から有り難く思いました。

授業が終わり、ほっとして、

満面の笑顔で豚汁を食べる古川しんちゃん。
学生さんたちも、いい顔しています。

1214-218.jpg

1214-219.jpg

1214-224.jpg


さぁ!これからも、頑張ります。

まずは建材を集めて、

学校側に、『施工経験希望の方、集まって〜』
ポスターを貼らせて頂く事も、OKを頂いたので、

そして多くの学生さんと一緒にセイワビルさんを

仕上げて行きます。

固定リンク | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<古川くんと天神エフエムに生出演して来ました! | 大学との連携課外授業 〜施工編〜に参加されませんか? >>