tei-en 季の庭が出来るまで. Vol.8



ー 梅雨明け!と同時に. ー

梅雨明けを待ってました!とばかりに、
tei-en 季の庭 新装工事、色んな業者さんが入ってくれていて、活気づいてます。

わたしが現場が好きなのは、この雰囲気が、たまらなく好きだから。

いつの間にか、2Fの打合せスペースには、
木製サッシの枠が入ってました。

やっぱり、サッシ、取り替えて良かった〜。
打合せスペースからは、こんな景色が見えます♪


0713-1.jpg


7.13-2.jpg


外壁もあっという間に、下地が出来上がってました。


7.13-3.jpg


こちらの下地に、左官屋さんにしっくい調に仕上げて頂きます。

この日は、お客様である、久芳さんとお食事のお約束をしてて
篠栗町にある、夢屋さんへ。


宮城雅子建築設計事務所にとって、お客様とのお食事の時間は、
とっても大切。

現場では、決定事項をどんどん決めていかないといけないから、
雑談はしてるけど、もっと色んな雑談をさせて頂くことで、
見えて来るものが、たくさんあるから。


こちらの夢屋さん、ほんとうにどのお料理も美味しくて、
いっぱいお写真撮って、こちらに掲載しようと思ってたのに、


すっかり忘れてて、気づいた事は、〆モード。(笑)
カニみそと日本酒です。


7.13-4.jpg


この日は、主に、tei-en 季の庭さんの新しいパッケージのご提案のお話を
させて頂いてて、わたしが持ってた色んなパッケージを久芳さんにお見せしてたら、


お店のスタッフさんから、
『わたし、このキャンドル、ずっと探してて、どこに売っていらっしゃいましたか?』と

恐縮気味に声をかけてくれた。


そこからお話は広がり、久原で、こんなお店をやるんです!と
ご説明させて頂き、そのお話はわたしたちがお酒を頂いてる間に
女将さんに伝わってくれ、会計の時に、立ち話の長話。


『必ず行きますね!』との、あったかい言葉を頂きました。


ホント、不思議なものですね〜。
何がきっかけで、ご縁が広がるか分かりませんね〜。


こちらが、夢屋さんとのご縁を広げてくれた箱。


7.13-19.jpg


お誕生日に、このキャンドルをプレゼントしてくれた友人に
もう一度、ありがとう、言わなきゃな〜。

固定リンク | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<tei-en 季の庭が出来るまで. Vol.9 | tei-en 季の庭が出来るまで. Vol.7 >>