Archives
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Search this site.
Others
Admin
こどもシェフ みぞかちゃんの叔母さまよりメール。
4歳の、みずかちゃんの叔母さまから
メール頂きました。




4.28-1.jpg


本当に本当に本当にお世話になりました。
そして、本当に本当に本当に本当に…!!ありがとうございました。

お電話でも話していましたように、うちの姪っ子ちゃんはかなりの
内弁慶でして、お礼を言うにしてもさよならを言うにしても、
蚊の泣くような声を振り絞るのがやっとなのに、車に乗った途端
「みずちゃん、疲れたぁ〜、でも楽しかった♪またお仕事したいなぁ」
と弾んだ大きな声で話し出しました。
「みずちゃん、大きくなったらごはん屋さんになりたいなぁ」とも
言ってました。


初めは大人(私)の一方的な思い込みでお願いしたものの、
泣き出したり、 わがまま言ったり、途中で動かなくなったりとか、
考え出したらキリがない くらい、
ご迷惑をかけるんじゃないかと思われる理由が次々と浮かんできて
ハラハラドキドキしていましたが、

そんなの無用な心配で、初めからミヤギ さんの
「大丈夫よ。姪っ子ちゃんだけじゃないし、
こどもなんだからお皿 割ろうが、泣こうが構わないよ」って
言葉を信じるべきでした。

それって、何をしても構わないということではなくて“こどもを信じる”
ってことだったんですよね。


今回のことは、こども達を通して、
実は大人の方がずっとずっと学べた こと、
思い知らされたことが多かったと思います。

「こどもだからできない」「こどもだからしょうがない」は
大人達の勝手な 思い込みってことを痛感しました。

どのこども達も本当に立派でとても可愛かった。

そういった環境、きっかけを生み出してくれたミヤギさんはもちろん、
こども達のお世話をして下さった専門学校の皆さん(こども達に丁寧で
わかり易い説明をして下さったり、
ひとつひとつの仕草をきちんと褒めて くれたり、とても感心しました)、
準備をして下さった全ての関係者の方の
おかげだと思います。
本当に本当に本当に本当にありがとうございました。


興奮して何を言っているのかわからなくなってきましたが、
とにかく感謝の
気持ちでいっぱいです。
明日は最終日、最後の立派なこども達の応援を頑張って下さい。
そして、忙しい毎日だったと思いますのでゆっくり休んで下さいね。


しつこいようですが、関係者の皆様にもよろしくお伝え下さい。
本当にありがとうございました。