Archives
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Search this site.
Others
Admin
専門学校 福岡ビジョナリーアーツさんとの出逢い.
ビジョナリー.jpg


始めての出逢いは、昨年の秋頃。

ビジョナリーさんには色々な学科があるのだけど、
その中の一つ、フードクリエイト学科のカフェ専攻の非常勤講師に
cafe sonesの木下氏が行っていて、その授業の一枠に、
『カフェ経営と空間つくりはセット、一日話しに来て頂けませんか?』と
ご依頼を頂き、伺わせて頂きました。

始めて伺うビジョナリーさん。
学校とは思えない格好いい可愛いデザイン。
調理実習室など設備の充実にびっくり。
生徒さん、先生たちの楽しい気さくな雰囲気にもびっくり。

そこで90分、お話をさせて頂きました。
そしてその日のうちに、
担任の池田絵美先生、紀香先生にお食事に誘って頂き、
あっという間に仲良くなって、出逢いから2ヶ月。
家で新年会なんてするくらいまでに。

その新年会で、『こどもcafeっていうのをしたいんよね。』と
絵美先生のパリ研修お土産のワインを頂きながら、どうやら語っていた様。

それを絵美先生がしっかり覚えていてくれて、
自分たちに何か出来る事はないか、それから考えてくれた、という事を
cafe weekさんの最初の会議で聞きました。

ビジョナリーさんもcafe weekさんに参加、こどもcafeも参加、
『一緒にどうですか?』

と、と〜〜っても心強い、有り難いお言葉を頂き、お願いをしました。

cafe weekが、ビジョナリーさんとこどもcafeを繋いでくれました。

その後、絵美先生が学校にお話下さって、
授業の一環として参加出来る様になってくれて、
『場所、良かったら、1Fのカフェをご提供しますよ。』と
すっごいお話を頂きました。

当初、私は、スケルトンからつくる!と意気込んでいて、
そのお話を保留にして頂いてて、
色々なフリースペースをご紹介頂き、見に行ってたのだけど、
ある日、『もう一度1Fのカフェを見せて頂こう!』と思い、
そのままビジョナリーさんへ。

1Fのカフェに入った瞬間、空間の構想が、わぁ〜〜〜と広がり、
こどもたちの笑顔も浮かび、『ココしかない!』と思ったので、
ビジョナリーさんにお願いをしました。

ビジョナリーカフェ アタリ.JPG



早くから有り難いお話を頂いてたのに、
ホント、これが私の悪いところというか、いいところというか。^^

こどもcafeの準備期間から、通常営業をストップしてくれて、
ご協力を下さったビジョナリーさん。

福岡校の先生方、理事長様に、心より感謝をしております。
本当にありがとうございます。

このミラクルなご好意にお答え出来る様、
こどもcafe、最後までひとつずつ積み重ねてまいります。

ビジョナリーさんから、池田絵美先生から、紀香先生から頂いた事は
場所のご提供だけはありません。

ここから、今こどもcafeをサポート下さってる方との出逢いが、
たくさん始まりました。

ある日、

『ミヤギさん、非常勤講師の先生にこどもcafeのお話をしたら、
 是非手伝わせて下さい!とおっしゃって下さってるのですが。』と
絵美先生からお電話がありました。

それが、こどもcafeランチメニューに食育を組み込みながら、
本当に真剣に内容を考えて下さったり、こどもcafe開催に必要な経費の大半を
ご協賛金として出資して下さった幾田先生です。


幾田先生との出逢い、そして幾田先生のこどもcafeに対するアツき想いは、
次回のブログにて。

日々たくさんの方のあったかい想いを頂き、
ブログが追いついてない状況ですが、私が頂いた想いをご紹介したいので、
出来るだけ、ブログ頑張ります。^^