Archives
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Search this site.
Others
Admin
ご協賛第一号は幾田先生でした。
IKUTA kitchen.

ピクチャ 4.png

( IKUTA kitchen HPより。http://ikuta-kitchen.net/)


福岡ビジョナリーアーツの絵美先生からご紹介を頂いて、
始めてお逢いしたのは、アップルストアのスターバックス。

『はじめまして!』と、とっても元気に幾田先生は現れて、
そしてこどもcafeの内容を企画書をもとに、お話させて頂きました。

『ずっとずっと、こどもたちの食事が気になってて、
ずっとずっと、食育のことを自分なりに考えてて、
どうしたら伝えることが出来るのか、考えてたんです。
表現出来るステージを用意してくれてありがとうございます!』

最初にお逢いした時に、こんな事を言ってくれた幾田先生は、
その後、こどもcafeに必要なことのために、
たくさん、たくさん、動いて下さいました。

そして、

幾田先生がお仕事でお逢いする方に、
ご協賛のことでお話が出来るかもしれないので!と、
朝早く、家に企画書を取りに来て下さった日のこと、

お渡しして数分後、幾田先生からお電話が。

『なに?なに?ミスプリント?』とヒヤリとしてお電話に出たら、


『ミヤギさん!よく考えたら、雑誌とかにIKUTA kitchenの広告を
 出しても費用がかかるじゃない?沢山のところでIKUTA kitchenの事を
 お話して下さってるんだし、それってすごい広告だと思うの。
  なので、IKUTA kitchen、ご協賛します!』と。


思ってもなかった展開に一瞬呆気に取られ、

その後我に返り、

『いえ!
そんな、プロとしてされてるお仕事をボランティアみたいなもので
 サポートして頂いてるのに、これ以上は!』と、と言ったけど、

『いいの!最近お仕事忙しいし大丈夫!』とのお返事。


そして、甘えさせて頂く事にしました。


こどもcafeに必要はな経費の大半は、IKUTA kitchenさんに頂いてます。

その他、素人ゆえに言える私の我が侭ランチメニューを、
絵美先生と本当に試行錯誤して考えて下さったり、
また、幾田先生のお仕事先でこどもcafeの事をお話頂いてて、
広報としても動いて下さってます。^^


こどもcafeでは、お家で出来るIKUTA kitchen考案ソーセージが
洋のランチプレートの中に入ります。

またテイクアウトとして、一枚一枚手焼きのおかき、
そして幾田先生が長くレシピをあたためていらっしゃった、
ドレッシングたちがデビューします。


こどもたちに安心なものを、食べ物に対する興味を、
食べる事に対する興味を。

幾田先生の想いがたくさんつまった食べ物たちが、
こどもcafeにいます。

どうぞ、色々なお料理たちに出逢って下さい♪

menu_w_lunch_thumb.jpg